次世代規格のWi-Fi!Wi-Fi6とはなんぞや!?5Gを使いこなすためには必須!

ネット関連に敏感な人であれば最近よく聞くようになってきた「Wi-Fi6」という言葉。

Wi-Fi6とはなんなのかこの記事ではどんなメリットがありなぜ次世代の規格と呼ばれているのか解説していきます。

そして、いよいよ4Gから5Gへと切り替わると言われている2020年ですが5Gはなんとなく知っている人でも4Gよりも高速になるというくらいは聞いていると思います。

5Gを使うためにはWi-Fi6を理解しておいた方がいいのでぜひ今回紹介する知識を覚えておきましょう!

こんな記事も読まれてます

Wi-Fi6とは:802.11axというWi-Fi標準規格の最新バージョンのこと

Wi-Fiは現代人にとって必要不可欠なものとなっていますが、今使っているWi-Fiよりもさらにつながりやすく高速な通信を可能した次世代Wi-Fi規格のことWi-Fi6を言います。

Wi-Fiの規格は今まで11nや11ac、11axといった表記だったのでWi-Fiはわかるけど規格の違いがよくわからないという人が多くいます。

そんな分かり難さを改善しようと作られたのが世代ごとに番号で表示する規格表記です。

  • 11n=Wi-Fi4
  • 11ac=Wi-Fi5
  • 11ax=Wi-Fi6

このように表示方法を変更することで多くの人が覚えやすくなり認知度も高まってきます。

2019年にはこのWi-Fi6に対応した機器がたくさん発売されるようになり、次世代のWi-Fi6が注目を集めるようになってきました。

Wi-Fi6の利用が可能になることで、2020年に始まると言われる5Gや現在すでにテスト放送などもされている高精細8K放送なども安定して利用することができるようになるので今後は必須の規格になってきます。

Wi-Fi規格の最大速度!Wi-Fi6は他のWi-Fiよりも圧倒的な高速通信を実現可能

現在主流となっているWi-Fiの規格は「Wi-Fi5」となります。Wi-Fi5は公称最大速度が発表されていますが実際のところその数値に遠く及ばない数値になっているのが現状です。

しかし、Wi-Fi6は電波を束ねて通信することで公称値以上の通信速度を実現できると言われているので大きな期待が集まっています。

ナンバリング規格 Wi-Fi規格 ロゴ 公称最大速度
Wi-Fi4 IEEE 802.11n 600Mbps
Wi-Fi5 IEEE 802.11ac 6.93Gbps
Wi-Fi6 IEEE 802.11ax 9.6Gbps

2018年次世代のWi-Fi規格をWi-Fi6と発表したため、過去のWi-Fi規格もナンバリング表記に変更し、Wi-Fi4、Wi-Fi5としたようです。

Wi-Fi6の魅力と最大のメリットとは

2019年も後少しでも終わりを迎えようとしていますが、2019年は次世代の高速インターネット「10Gbps回線」サービスが続々と始まりました。

又、NHKでも4Kや8K映像の放送が始まり、家庭の家電を外から操作したり、eスポーツも世間での認知度が高まっておりプロゲーマーを目指す若者も増えてきています。

そんなサービスを快適に利用するためにも高速インターネットは必要不可欠なものになります。

この高速インターネット回線を無駄なく利用するためにもWi-Fi6に対応した機器を利用しなければいけませんし、出なければその恩恵に預かることができないことになります。

Wi-Fi6の最大のメリットはその速度にあり

Wi-Fi5と比較して大体4倍〜10倍のスピードアップが可能になる!

Wi-Fi6の最大のメリットはなんといっても「速度」になります。

現在主流となっているWi-Fi5と次世代のWi-Fi6を比較すると4倍以上の速度アップが見込まれています。又、Wi-Fi5では公称最大速度が6.93Gbpsと言われていますが実際の数値はそれよりも全然出ない状況。

しかし、Wi-Fi6は先ほども言ったように電波を束ねて通信することで公称値(9.6Gbps)以上の速度が可能になると言われているのです。

次世代通信規格「5G」を使いこなすにはWi-Fi6は必要不可欠

5Gは現在の携帯電波網「4G」を遥かに凌ぐ通信速度があると言われています。そんな5Gのリリースが開始されれば多くの人が5Gを使いたいと思うはずです。

そんな5Gなどの高速通信速度を余すこなく使いこなすためにもWi-Fi6はもちろん、Wi-Fi6に対応したルーターが必要になってきます。

スマホのバッテリーが長持ち!Wi-Fiに接続していても省電力が可能に!

Wi-Fiをオンにしていたり、接続していたりするとバッテリーの持ちが悪くなるのは多くの人が知っていると思います。

しかし、Wi-Fi6はTWT(Target Wake Time)という技術が使われているため電波の送受信が必要ない時はスリープ状態にしてくれるため消費電力を抑えることができ、今までには考えられなかったバッテリー駆動時間を長持ちさせることが可能になります。

スマホはもちろん、持ち運びするパソコンの長時間駆動も可能になるわけです。

公共のWi-Fiスポット環境も混線しづらくサクサク動くようになる

街中などにあるフリーWi-Fiスポットなどを利用している人も多いと思いますが、人が特に多いときなどはつながりにくいと言ったこともしばしば。

Wi-Fi6はGPSや公共機関などサービスが集中する場所でも接続性という部分で進化しています。そのため人混みの中でも快適にWi-Fiを利用することができると言われています。

Wi-Fi6のデメリットまだまだ準備するためにはお金がかかる

Wi-Fi6の規格自体にデメリットはありません。

しかし、Wi-Fi6を利用するためにはWi-Fi6に対応した製品を購入しなければいけないので準備するためにはまだまだその製品などが高いと言うデメリットと言える部分があります。

下記の方でも紹介していますがWi-Fi6に対応したルーターも12,000円〜4万円代のものもありまだまだ価格も高い状況ですし、Wi-Fi6に対応しているスマホをわざわざ買うのにもお金がかかってしまいます。

さらには、自宅のネット環境までもWi-Fi6を快適に使おうと思えば月額料金が必然的に高くなったりとまだまだ手を出しづらいのが現状ではないかと思います。

Wi-Fi6を使いこなすために知っておきたい知識

 

現在おうちでWi-Fi6を利用したいと思っている人もいると思いますが、旧規格(Wi-Fi4・Wi-Fi5)対応の製品を使っている場合は古い規格に合わせた通信が行われるため、Wi-Fi6対応の製品を準備しなければいけません。

自宅で無線LAN通信を行っている場合、無線ルーターがWi-Fi6に対応していなければWi-Fi6は使えないということになります。

iPhone 11はWi-Fi6に対応していてiPhoneXSよりも高速に!

iPhone11では通信速度も進化しているようです。僕自身11は持っていないのですがiPhone11を利用している人でWi-Fi6対応のルーターを利用したテストでは大幅な通信速度改善ができています。

正直欲しいw

Wi-Fi6に対応したスマホ

現在わかる限りでお伝えすると

  • Galaxy「S10」

と上で紹介したiPhone11だけだそうです。今後Wi-Fi6に対応したスマホがどんどん発売されていくと思われるので注目していきましょう!

Wi-Fi6に対応したパソコン

Wi-Fi6に対応している確認するためには通信規格で「IEEE 802.11ax」と表記されているかどうか確認するようにしましょう。

ダイナブックなどはWi-Fi6に対応したモデルが発売されています。

ちなみにMacBook ProなどはWi-Fi5までの対応になっているので、今後16インチのMacBook Proが発売されるのであればもしかしたらWi-Fi6に対応している可能性はあります。

Wi-Fi6に対応した無線ルーター


TP-Link WiFi 無線LAN ルーター Wi-Fi6 11AX AX3000 2402 + 574Mbps Archer AX50 【 iPhone 11 / iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max 対応】 3年保証


NETGEAR Wi-Fi6(11ax) W-iFiルーター 無線LANルーター 【iPhone 11/11 Pro Max対応】エントリーモデル 速度AX3000 接続台数48台 2,400Mbps+800Mbps RAX40-100JPS


BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WXR-5950AX12 Wi-Fi6 11ax/11ac AX6000 4803+1147Mbps【iPhone11/iPhone11 Pro/iPhone11 ProMax メーカー動作確認済み】

 

いますぐWi-Fi6対応のルータやスマホを準備した方がいいの?

あくまで個人的に意見ですが正直今すぐ準備した方がいいとは思いません。

そこまでの速度が必要だと感じている人は多くないはずですし、利用するためには様々な機器やネット回線の準備が必要になるためです。

Wi-Fi6を利用するために必要なもの

  • NURO光10Gを契約する必要がある
  • Wi-Fi6対応のスマホを準備しなければいけない
  • Wi-Fi6対応のルーターが必要

最低でもこれだけ準備しなければいけません。

NURO光10Gを利用するためには利用できるエリア(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、静岡県、大阪府、兵庫県、奈良県、福岡県の一部エリア)に住んでいる必要があり、さらには現在利用している光回線からNURO光に変える必要があったり月額料金が6480円と高くなることが予測されます。

さらにはWi-Fi6に対応しているスマホ(iPhone11もしくはGalaxyS10)に変える必要があります。

そして、Wi-Fi6(11ax)に対応したルーターも必要になり安いものでも上で紹介しているTPLinkの12000円するものが最安となります。

このようにまだまだハードルは高いので今すぐに必要かと言われたらそこまで必要ではないのかなと思います。

ちなみにiPhone11やGalaxyS10はWi-Fi6には対応していますが5Gには対応しているわけではありません。そのためまだまだ100%お勧めできますとは言えません。

次世代規格のWi-Fi!Wi-Fi6とはなんぞや!?5Gを使いこなすためには必須!まとめ

Wi-Fi6は非常に魅力的な次世代のWi-Fi規格になります。

実際にiPhone11でWi-Fi6対応のルーターを使っている人でも過去に400Mbpsしか出ていなかった人でも880Mbps出るなどその恩恵はすでに実証されています。

ただすべての人に今すぐ必要なものであるかと言われるとまだまだ絶対に必要なものではないかなと言った印象です。

2020年には5Gも出て、対応スマホなどももっと増えていくはずなので1年後くらいに変えても正直遅くはないでしょう!

この記事で知っておいて欲しいのはWi-Fi6が今後当たり前になってくる時代がきて、通信速度が4倍から10倍になってネット速度が早くなるということ。

そして、現在のWi-FiよりもWi-Fi6を利用することでバッテリー駆動時間も延びるようになると言うことだけでも覚えておきましょう!